のんびりストレスフリー♪ミヤの兄弟子育てブログ

沖縄住みのAB型左利きの3人目妊娠中の私と5歳、3歳の兄弟とのブログ。

イヤイヤ2歳との付き合い方。

スポンサーリンク

2歳児の悩み。イヤイヤ期

次男は、イヤイヤ期の真っ盛り。

毎日毎日、泣いたり、わめいたり、また泣いたりの繰り返しです。

たちが悪いことに、自宅にいるときがイヤイヤがヒドいんです。

今日も、トッキュウジャーの人形を、私が逆立ちさせたのをみて、次男は、電車を逆立ちさせました。



f:id:saku28kazu22:20151022213708j:plain


この見事に並んだ写真がとれるまで、電車は何回も落下し、次男はまた泣き叫び、逆立ちなんてさせなければ良かった。。。と、後悔しました。



対応策

イヤイヤの2歳は、自分がやりたいことを、阻止されるのがイヤ。

できなかった自分にもイヤ。

伝わらないもどかしさでイヤイヤ。

なんで泣いてたか分からない!とりあえずイヤ!!


これがエンドレスです。


慣れとは怖いもので、長男が長いイヤイヤ期だったために、次男のイヤイヤは耐性がついていて、対応はわりと楽にできます(笑)


イヤイヤ期の対応は、まず受け止め、あまりにも聞き入れてくれない場合は、しばらく放置がオススメです。


意地になって泣いている場合も多いですし、親の顔をちらっとみたり、泣き声の間隔があいてきたら、もうこっちのものです。


なにか飲みたいのある?

なんかおやつ食べる?

一緒にテレビみる?


と、落ち着いたころに声をかけると泣き止んでくれます。


なにをそんなに泣いてるんだ!!と、怒鳴りたくなるときもありますが、なるべく優しく接するように意識しています。


スポンサーリンク



おわりに

イヤイヤ期と、闘うには、こちらが優位に立とうとしないことです。


なるべく聞き入れてあげるとイヤイヤ期も楽になりますよ♪


経験上、聞き入れずに、親の都合をおしつけた場合、余計にイヤイヤが増します(T^T)



例えば、こどもがとても楽しく遊んでいて、それを途中で切り上げた場合。

とてつもなく泣きます^_^;


ちょっと面倒ですが、特に予定がない場合はこどもが疲れるまでそのまま遊ばせたほうがいいです。


忙しいときは、もう仕方ないですよね(>_<)覚悟を決めましょう。。


イヤイヤ期を過ぎたら、自分の意志がはっきり伝えられるようになります。


ペラペラと話しができるようになったら、イヤイヤ期が懐かしく感じられます。


こどもの成長はあっという間。


イヤイヤ期を共に過ごすおかあさん、おとうさんがなるべくストレスを感じず過ごせますように。