読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりストレスフリー♪ミヤの兄弟子育てブログ

沖縄住みのAB型左利きの3人目妊娠中の私と5歳、3歳の兄弟とのブログ。

育児中こそ、人付き合いを増やしてみましょう♪

スポンサーリンク

人付き合いのススメ

専業主婦で 育児中は、丸1日こどもとしか会話しなかった。という日も多いかと思います。

私の場合は、夫は朝7時~21時頃まで仕事で、朝起きて、寝かしつけまで1人でやることが普通です。


朝からこどもたちと過ごしていると、なにをして過ごしたらいいかわからなくなる日があります。。


そういうときは、誰かと会うことをオススメします!



私は、沖縄出身ですが、五年ほど東京や神奈川に住んでいました。

まわりは、見ず知らずの人ばかり。

長男が生後10ヶ月までは頼れる人が夫だけの生活を送っていたんですね。

しかし、産後の育児を乗り越えられたのは、密な近所付き合いのおかげでした。

住んでいた街が下町で、まわりがみんなお年寄り(70~90歳)で、私たち家族は群を抜いて若い!

ひさしぶりに赤ちゃんをみた、おばあちゃんたちは私が、お出かけするたんびに声をかけてくれました。


また、おうちにおすそ分けを持ってきたり、2、3日姿を見なかったら心配してチャイムを押して様子をみにきたりしていました。


干渉されるのが苦手な人はイヤかと思いますが、初めての育児で、頼れる身内がすぐそばに居なかった私は、とても助かっていました。

 
自分のペースで、自分がしたいように子育てをしたくても、こどもを育てるのは大変です!


頼れそうな人には、どんどん頼ってムリだけはしないようにしましょう(^^)


私自身は、マイペースで人に合わせるのは苦手なタイプでした。友達とも、基本的に遊ばないし、連絡もそんなにとらず。それでも大丈夫だったんです。


しかし、こどもがうまれてからは、人付き合いを大事にすることが、育児にとってはベストだと感じるようになりました。

スポンサーリンク



メリット

1. 子育てでの悩みを誰かに聞いてもらうことで気持ちが落ち着く。

2.育児中の孤独感がなくなる。

3. 誰かとおしゃべりするだけで、ストレス発散になる。

4.こどもが他者に可愛がられる姿をみて、自分の中でまた、こどもがかわいく見える!


1人でお家にこもらないように意識していると、時間が経つのも早いですし、ストレスも軽減されます。


実家や、義実家、学生のときの友達、幼稚園で仲良くなったママ友、同じアパートのおばあちゃんなど、誰かしらとおしゃべりしたり、遊びにいったりすることで、とても元気が回復します(^^)


おわりに


朝から晩まで育児中は心休まる時間がありません。


緊張状態をなくすのは、難しくても、緊張状態を減らすのは可能です。


育児を夫が居ない時間は、1人で頑張ってやろう!と躍起になるよりは、いろいろな人にみてもらい、ママはたくさん会話し、こどもの成長をみんなで見守るのが良いですよ♪


育児ストレスは、こどもにすぐ伝わります。。

どこかでムリしているかもと思ったら、誰かに話したりメールしたりラインしたり、こどもになるべくあたらないようにできたらと思います。